トップ > 日刊県民福井から > みんなのアルバム > 記事

ここから本文

みんなのアルバム

2018年3月31日

「みんなのアルバム」年間賞決まる

自然、動物切り取る

 日刊県民福井が年四回開催している紙上写真展覧会「みんなのアルバム」の二〇一七年度年間賞は、自然の美しさや猛威、動物の愛らしい姿を切り取った三作品が選ばれた。

一般 夕日が美しい一枚

写真

一般で越前岬のイルミネーションと日本海の夕日が美しい近藤広章さんの「水仙岬のかがやき」

 一般の近藤広章さん(52)=福井市上北野一丁目=の「水仙岬のかがやき」は、越前町の越前岬水仙ランドを彩るイルミネーションを撮影。水平線に広がる夕日のグラデーションが美しい幻想的な一枚となっている。「夕焼け、水平線、イルミネーションをバランスよく配置し、手ブレのないように撮影するのが大変でした。今後も県内の自然風景を撮影していきたいです」

写真

ジュニアで飼い猫の寝顔を撮った熊木駿也さんの「幸せダニャー」

ジュニア 飼い猫の幸せな姿

 ジュニアの熊木駿也さん(12)=越前市芝原五丁目=の「幸せダニャー」は、飼い猫の「ココちゃん」の寝顔を撮影。腹を見せ、安心しきって眠る姿から幸せそうな様子が伝わってくる。「かわいい寝顔だったので父に買ってもらったカメラで撮影しました。次は上野動物園でジャイアントパンダのシャンシャンを撮ってみたいです」

ニュース 黙々と除雪印象的

写真

ニュースで記録的な大雪と戦う住民の姿を捉えた結城功さんの「県民パワー!」

 ニュースの結城功さん(44)=大野市友江=の「県民パワー!」は、今年二月に県内を襲った大雪で多くの積雪があった大野市を撮影。記録的な大雪の中、懸命に除雪に励む住民の姿を撮影し、ニュース部門にふさわしい一枚となった。「多くの雪が残る自宅近くの道路に衝撃を受け、思わずシャッターを切りました。黙々と除雪に取り組む県民の皆さまが印象的だったのでタイトルにしました」

 「みんなのアルバム」は新年度も引き続き、六、九、十二、三月に開催する。締め切りは各開催月の前月末日。応募方法は日刊県民福井報道部に郵送するか、最寄りの「カメラのキタムラ」に持ち込む。ホームページからメールでの投稿も可能。「日刊県民福井 みんなのアルバム」で検索。 (山田陽)

 
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索