トップ > 日刊県民福井から > みんなのアルバム > 記事

ここから本文

みんなのアルバム

2015年3月23日

「みんなのアルバム」年間賞

一般は笠原さん(越前町)

 本紙主催で年四回開催している紙上写真展覧会「みんなのアルバム」の年間賞が決まった。一般は越前町朝日の笠原清治さん(74)の「綺麗(きれい)だよ!」が選ばれた。

 ジュニアは福井市下荒井町の市橋諒一君(9つ)が撮影した「迫る白くま」、ニュースは同市南四ツ居一丁目の黒川文枝さん(66)撮影の「幻日」、新たに設けられた「今回のスマイルキッズ」では坂井市三国町下野の仲谷菜穂美さん(46)の「せーの、それー」が全労済福井スマイルキッズプロジェクト賞に選ばれた。

 展覧会は昨年六月、九、十二月と今年三月の四回、二百点を超える応募の中から、各回約三十作品が日刊県民福井紙上で紹介された。審査は事務局が厳正に行った。二〇一五年度も開催する。なお、今月二十七、二十八日に福井市花堂南二丁目のショッピングシティ・ベルで開催する「みんなのアルバム写真展」で全作品を展示する。 (福田正美)

「みんなのアルバム」年間賞決定

一瞬の表情切り取る

写真

一般の年間賞に選ばれた笠原清治さんの「綺麗だよ!」

一般 腕を組まれ緊張

ジュニア 迫力のシロクマ

ニュース 自然現象を撮影

スマイル 生き生き躍動感

 紙上写真展覧会「みんなのアルバム」の年間賞は、家族らの表情を上手にとらえた作品や、撮影の苦労が感じられる四作品に決まった。

一般の笠原清治さんの「綺麗(きれい)だよ!」は、晴れ着の孫に腕を組まれ緊張する祖父の表情をうまくとらえたほほ笑ましい作品。「成人式の前撮りをしていた孫の笑顔がすごく良かったので応募しました。受賞は大変ありがたいです」

写真

ジュニアで年間賞に輝いた市橋諒一君の「迫る白くま」

 ジュニアの市橋諒一君の「迫る白くま」は、動物園で自分に迫ってくるシロクマを撮影した迫力満点の作品。「受賞は驚きました。超うれしいです。撮影した北海道の旭山動物園は人が多くて難しかったですが、いいタイミングで撮れました」

写真

ニュースで年間賞に選ばれた黒川文枝さんの「幻日」

 ニュースの黒川文枝さんの「幻日」は、プロでも撮影が難しい自然現象の一瞬を切り取った秀逸な作品。「自宅で幻日に気が付き、急いで車を飛ばして田植えが済んだ田んぼを探して撮影しました。太陽の色が出にくいので露出を絞ってやや暗めにしました」

写真

全労済福井スマイルキッズプロジェクト賞に輝いた仲谷菜穂美さんの「せーの、それー」

 全労済福井スマイルキッズプロジェクト賞の仲谷菜穂美さんの「せーの、それー」は、落ち葉で遊ぶ子どもたちの生き生きとした表情と躍動感をとらえた作品。「受賞は思ってもみなかったです。子どもたちの笑顔が好きなのでこの写真を選びました。素人なのでたまたまうまく撮れた感じです」

 「みんなのアルバム」は新年度も引き続き、今年六、九、十二月、来年三月に開催する。締め切りは開催月の前月末日。応募方法は、日刊県民福井写真部に郵送するか、「カメラのキタムラ」に持ち込む。ホームページ(「日刊県民福井 みんなのアルバム」で検索)から電子メールでの応募も可能。 (福田正美)



 
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索