トップ > 日刊県民福井から > 2014衆院選ふくい > 記事

ここから本文

2014衆院選ふくい

原発再稼働 反対が賛成を上回る

福井2区 有権者に本紙調査

写真

 本紙が実施した衆院選終盤の有権者意識調査によると、全国最多の原発十四基が立地する福井2区で、争点の原発再稼働について、反対が賛成を上回ったことが分かった。一方、2区の調査を基にした選挙情勢では、小選挙区、比例代表とも自民が依然、優位を保っている。ただ、投票先を決めていない有権者は小選挙区で37・5%、比例代表で33・7%に上り、情勢が変わる可能性もある。 (衆院選取材班)

自民が優位保つ

 原発再稼働の賛否では、反対が45・0%と賛成の35・1%を9・9ポイント上回った。分からない・無回答は20・0%だった。特定秘密保護法の賛否では、分からない・無回答が49・7%とほぼ半数を占め、賛成が28・1%、反対が22・2%と続いた。

写真

 小選挙区では、高木毅氏(58)=自民前職=が追いすがる辻一憲氏(49)=民主新人=にリードを保ち優勢。宇野邦弘氏(63)=共産新人=は伸び悩み、苦しい戦いを強いられている。

 高木氏は前回調査で六割程度だった公明支持層を九割以上固め、民主支持層の切り崩しも一定の成果を収めている。幅広い世代の男女から支持を受け、強さを見せる。辻氏は知名度不足を補い、無党派層に大きく浸透し始めた。維新支持層をほぼ固めたが、足場の民主支持層にほころびを見せる。宇野氏は支持が広がらず独自の戦いを展開している。

 比例代表では、投票先をほぼ決めた人のうち、投票先を自民とした人は58・5%で前回調査より1・2ポイント上回り、突出している。民主が9・3%と続くが、前回より10・0ポイント減らした。

 調査方法 福井2区の有権者を対象に12月8日、コンピューターで無作為につくった電話番号にかけるランダム・デジット・ダイヤリング(RDD)追跡法で実施。対象者にかかった422件のうち、305人から有効回答を得た。回答率は72・3%。性別や年代構成を反映させて集計した。調査結果の文中の数値は小数点以下を四捨五入したため、合計が100%にならない場合もある。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索