トップ > 日刊県民福井から > サウルコス福井 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

サウルコス福井

ホーム初戦へ 意気込み語る 監督と主将来社

意気込みを語るサウルコス福井の望月一仁監督(右)と橋本真人主将=福井市の日刊県民福井で

写真

 サッカー北信越一部リーグのサウルコス福井の望月一仁監督と橋本真人主将が十日、福井市大手三丁目の日刊県民福井を訪れ、間近に迫った全日本選手権大会県代表決定戦と一部リーグの今季ホーム初戦に向け、意気込みを語った。

 サウルコスは、今季攻撃面に力を入れる。中盤でボールを回して、相手にプレッシャーをかけ、リーグ二戦を終え、2勝0敗で2位と好スタートだが、望月監督は「まだまだ安定感が見えない」と指摘する。

 ホーム初戦は二十日、坂井市三国町のテクノポート福井総合公園で午後一時から、FC北陸(石川)と対戦する。望月監督は「今年やろうとしていることを見てほしい」と話し、橋本主将は「しっかり勝って県民にPRしたい」と熱く語った。

 全日本選手権県代表決定戦は十三日、坂井市丸岡町長崎の丸岡スポーツランドであり、坂井フェニックスと対戦する。 (谷出知謙)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索