トップ > 日刊県民福井から > サウルコス福井 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

サウルコス福井

坂井4位で今季終了 サウルコスは初黒星

 サッカーの北信越一部リーグは十七日、最終節の四試合が行われ、前節で二年ぶりの優勝を決めたサウルコス福井は長野県松本市のアルウィンで2位のアルティスタ東御(長野)と対戦。0−2で敗れ、今季初黒星を喫した。坂井フェニックスは富山新庄クラブに快勝し、FC北陸(石川)を抜き4位でシーズンを終えた。

 サウルコスは後半18分と34分に失点し、今季二度目の無得点に終わった。フェニックスは開始直後に東平大佑のシュートで先制し、同点にされた後の21分には鈴木亮平が勝ち越しのゴール。後半は3ゴールを奪い圧勝した。

 サウルコスは日本フットボールリーグ(JFL)昇格を目指し、十一月十日から各地で行われる全国地域チャンピオンズリーグに挑む。

 ▽最終節

写真

 得点者【ア】鈴木、岡田

写真

 得点者【坂】東平2、鈴木、坂井、伊藤【富】森川

 ◆2018年度県サッカー選手権(天皇杯県予選)大会(17日・南越前町ホノケ活性化グラウンド)

 ▽1回戦

福井KSC  棄 権  プエルトーレ敦賀  

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索