トップ > 日刊県民福井から > サウルコス福井 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

サウルコス福井

来季は「新指導体制で」 サウルコス理事長ら来社

今シーズンを振り返る梶本知暉理事長(右)と、今井昌太・臨時監督代行=福井市の日刊県民福井で

写真

 サッカー北信越一部リーグのサウルコス福井を運営する「NPO法人福井にJリーグチームをつくる会」の梶本知暉(ともあき)理事長と、今井昌太・臨時監督代行が三十一日、今季の報告のため、福井市大手三丁目の日刊県民福井を訪れた。

 今季はリーグ五連覇を逃し、目標としていた日本フットボールリーグ(JFL)昇格を果たせなかった。梶本理事長はシーズン中の監督解任などに触れ「主力選手は残るので、来季も頑張ることができる。新しい指導体制で迎えられるだろう」と語った。

 来年一月にはチームを運営する株式会社を立ち上げ、チームや経営体制の強化を図る方針を明かした。同法人の関係者らが出資し、資本金は二百万円。NPO法人も存続し、サッカーの普及や子どもたちの育成を担うという。 (松尾博史)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索