トップ > 日刊県民福井から > サウルコス福井 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

サウルコス福井

サウルコス初戦快勝 サッカー全国社会人選手権

 サッカーの第五十二回全国社会人選手権大会は二十二日、愛媛県の新居浜市営サッカー場などで競技が始まり、北信越代表のサウルコス福井は一回戦で関西代表のSt・Andrew’sFC(大阪)に6−1で快勝し、二回戦へ進んだ。

 サウルコスは前半6分、FW山田雄太のシュートで先制し、9分にはMF松田康佑がドリブルで持ち込んでゴールを奪った。後半はさらに勢いが加速し、23分すぎからFW谷尾昂也や山田らが立て続けにゴール。終了間際に1点を返されたものの、危なげなく勝ち上がった。

 二十三日の二回戦は、同サッカー場で東海代表のヴィアティン三重(三重)と対戦する。

 今季の北信越一部リーグで2位にとどまったサウルコスは今大会で、日本フットボールリーグ(JFL)昇格につながる全国地域リーグ決勝大会への出場権獲得を目指す。4位以内に入った上で、同決勝大会の出場権を得ていないチームの中で上位三チームに入ることが条件となる。 (山本真喜夫)

 ▽1回戦

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索