トップ > 日刊県民福井から > 福井写真ニュース > 記事

ここから本文

福井写真ニュース

村上・幅口組 準優勝 ビーチバレー女子

ビーチバレー女子で準優勝し、笑顔を見せる村上めぐみ(左)と幅口絵里香=11日、小浜市の若狭鯉川シーサイドパーク特設会場で(蓮覚寺宏絵撮影)

写真

 第七十三回国民体育大会(福井しあわせ元気国体)は十一日、バレーボールのビーチバレーが小浜市の若狭鯉川シーサイドパーク特設会場で行われ、県勢は女子の村上めぐみ・幅口絵里香組(オーイング)が準優勝した。

 村上・幅口組は準決勝で東京のペアと対戦。第1、2セットともにジュースにもつれる接戦を26−24、23−21で制した。

 石坪聖野・柴麻美組(神奈川)との決勝は第1セットを21−18で先取したが、第2セットを18−21、3セットも8−15で奪われ、正式競技となった昨年の愛媛国体に続く優勝はならなかった。

 試合後、村上は「優勝を目指していただけに残念。でも後悔はない」、幅口は「最高の結果で終わることができなかったけれど、力は出し切った」と話した。 (谷出知謙)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索