トップ > 日刊県民福井から > 福井写真ニュース > 記事

ここから本文

福井写真ニュース

枝折れ、倒木が心配 越前市の観光くり園

敷地いっぱいに広がるいがから顔を出したクリを集める生田正一副組合長=4日、越前市の白山観光くり園で(蓮覚寺宏絵撮影)

写真

 越前市黒川町の白山観光くり園が四日、開園した。つやのある大ぶりのクリがいがから顔を出し、秋の訪れを感じさせている。

 四・五ヘクタールの敷地で、九種類のクリの木七百本を栽培する。八月の台風20号の影響で未熟な実が落ちたほか、百本ほどの樹木で枝折れや倒木が発生。収穫量は例年より約二割少ない一・三トンほどを見込んでいる。

 管理する「白山くり生産組合」の生田正一副組合長(72)は「台風21号で大きな被害が出なければいい。でも風で実がたくさん落ちるので、拾いに来てほしい」と来園を呼び掛けていた。

 営業は十月八日までの予定。開園時間は午前九時〜午後四時。入園料は三百円で、持ち帰りは一キロ当たり八百円。(問)白山観光くり園事務所=0778(29)2625

  (玉田能成)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索