トップ > 日刊県民福井から > 福井写真ニュース > 記事

ここから本文

福井写真ニュース

三国港 甘エビ続々と 底引き網漁解禁

漁師たちにより次々と水揚げされる新鮮な甘エビ=2日、坂井市三国町の三国港で(山田陽撮影)

写真

 日本海で近海底引き網漁が解禁となり、秋漁シーズンが本格スタートした。県内各漁港には二日、アカガレイや真っ赤な甘エビを満載した漁船が続々と帰港し、初競りの威勢の良い声で港は活気づいた。

 坂井市三国町の三国漁港には、三国港機船底曳網漁協所属の九隻が午後三時半から続々と帰港。漁師らは甘エビなどを仕分けし、午後六時半の初競り開始時にはJF福井漁連三国支所(三国魚市場)にトロ箱が山積みとなった。

 新盛丸の瀬越治彦船長(57)は「子持ちの甘エビが少々小ぶりだが、水揚げ量は十分」と手応え。台風21号が近づいているため、各船は荷卸しを済ませると、そのまま急いで出港した。今年は二日が全国の中央卸売市場の休場日のため、三日の市場再開に合わせて初競りは例年より一日遅い二日に設定された。 (北原愛)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索