トップ > 日刊県民福井から > 福井写真ニュース > 記事

ここから本文

福井写真ニュース

とみつ金時 ザクザクあわらで収穫

土から掘り起こされ、次々と収穫される「とみつ金時」=28日、あわら市北潟で(蓮覚寺宏絵撮影)

写真

 あわら市北潟の富津地区で、特産のサツマイモ「とみつ金時」の収穫がたけなわだ。畑には掘り出されたばかりのイモがゴロゴロ。幾分か暑さも和らぎ、鮮やかな赤紫色が「味覚の秋」の到来を告げている。

 福島農園では二十八日、経営者の福島政男さん(70)と一欽(かずよし)さん(45)の親子ら七人が作業。トラクターで畑を掘り起こすと大きなイモが顔をのぞかせ、一欽さんは「色、形、大きさともに上々」と太鼓判。掘り出してはコンテナに詰めた。洗浄、乾燥、選別などを経て、出荷は三、四日後。

 甘みが強く、しっとりした食感が特長。政男さんは「イモの味がシンプルに楽しめる焼き芋が一番」と話す。福島さんら九軒が計三十ヘクタールで栽培し、七百トンの収穫を見込む。九、十月の収穫分からは甘みが増す「キュアリング貯蔵」をし、年末以降出荷する。 (北原愛)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索