トップ > 日刊県民福井から > 福井写真ニュース > 記事

ここから本文

福井写真ニュース

ぬれて鮮やか ハナショウブ 北潟湖畔

見頃を迎え、辺り一面を彩るハナショウブ=あわら市の北潟湖畔花菖蒲園で(山田陽撮影)

写真

 あわら市北潟の北潟湖畔花菖蒲(はなしょうぶ)園で、色とりどりのハナショウブが見頃を迎えた。12日は小雨が降り続いたが、ぬれて色鮮やかさを増した花々の風情はまた格別。女性グループや家族らが、今シーズンに向けて再整備された通路をそぞろ歩きながら観賞していた。

 7000平方メートルの園内には、300種類、計20万株のハナショウブが栽培されている。2月の大雪の影響もほとんどなく、5月下旬から咲き始めて現在は九分咲き。八重咲きの「天女の冠」や、薄紫色のかれんな「出羽の姫君」、鮮やかな黄色の「金冠」などが咲き競っている。17日まで恒例のあわら北潟湖畔花菖蒲まつりを開催中。昨年は通路の老朽化で中止されており、地元住民らが2年ぶりに催した。メロンやスイカなどの名産市、ハナショウブの株の販売会、湖上遊覧などがある。16、17の両日限定で天然ウナギのかば焼きも販売される。 (北原愛)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索