トップ > 日刊県民福井から > 福井写真ニュース > 記事

ここから本文

福井写真ニュース

しめ縄作り 手際良く 越前町

手際良く水引などを取り付ける従業員=7日、越前町の山崎農園で(蓮覚寺宏絵撮影)

写真

 師走に入り、越前町織田の野菜苗販売「山崎農園」で、正月用のしめ縄作りが繁忙期を迎えている。

 同社では夏から準備に入り、農閑期に作業を本格化させる。町内で収穫された稲わらを使い、玄関や神棚などの飾り約三十種類を生産。長さは約六十センチから二メートル近くのものまであり、神社からオーダーメードの注文も受けている。年間約十万個を県内外に出荷する。

 七日も、従業員が手際良く水引の装飾や紙垂(しで)を縄に取り付けた。造花を飾ったものはほぼ出荷が終わり、中旬以降は本物のダイダイやユズリハなどをあしらったしめ縄の生産に入る。

 同社の山崎繁信さん(68)は「『新年が良い年になるように』。その思いだけは毎年変わらずに作っています」と話している。 (玉田能成)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索