トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

園児作法従い初茶会 お年寄りもてなす

丸岡

野口美智子さん(左)の手ほどきを受けながら心尽くしのお茶を入れる園児たち=坂井市のふれ愛の家で

写真

 坂井市丸岡町長崎の介護予防施設「ふれ愛の家」で十一日、隣接する「まごころ保育園」の園児による初茶会が開かれた。園児たちが作法に従って煎茶を振る舞い、お年寄りたちをもてなした。

 園では礼儀作法を身に付け日本文化に親しんでもらおうと、昨春から五歳児十六人が文房流晴心会の野口美智子さん(70)の指導で月一回、茶道を学んできた。初茶会はこれまでの成果を発表する場で、この日は施設を利用する八十〜九十歳代の女性十四人を招待した。

 園児四人が「お茶をお入れいたします」と声をそろえ、作法通りに煎茶を入れ、他の園児が運び役を務めた。野口さんから「茶道具はぶつけないよう丁寧に扱って」「背筋を正してお茶をお運びして」と手ほどきを受けながら、園児たちは緊張した面持ちで茶道に取り組んでいた。

 お点前を披露した関森菜月ちゃん(5つ)は「私が入れたお茶を、おばあちゃんたちが『おいしい』と喜んでくれてうれしかった」と笑顔で話していた。 (藤井雄次)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索