トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

「福餅」に商売繁盛願う 福井の神社で十日えびす祭

商売繁盛を願って勢いよくまかれる福餅に手を伸ばす来場者=福井市の西宮恵比須神社で

写真

 福井市毛矢三丁目の毛谷黒龍神社境内にある西宮恵比須神社で十日、商売繁盛などを願う「十日えびす祭」の福餅まきが行われた。県内外から約三百人が訪れ、今年一年の健康や安全、仕事の成功を願って福餅をつかみ取っていた。

 神社の奉賛会員や福娘ら約二十人が神事で身を清めた後、宮司の山本隆重さん(73)の合図で四千個の餅をを勢い良くまいた。

 平成元年から毎年実施しており、今年は平成最後の餅まきとなった。白い餅の中に十個の赤い餅を交ぜたほか、金色の紙で包んだ赤餅も一個だけ用意。赤餅を拾った人には熊手などが、金紙の餅を拾った人にはお神酒と金運の破魔矢が贈られた。

 金紙の餅を拾った同市成和二丁目の大久保宏さん(47)=会社員=は「仕事も含め平和に笑顔でいられて、金の餅を拾う以上の幸運が訪れる一年になれば」と願っていた。 (畠中大介)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索