トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

ほどよく甘〜い越前柿 福井で初競り

競り落とされる越前柿=福井市中央卸売市場で

写真

 あわら市特産の越前柿の初競りが九日、福井市大和田一丁目の市中央卸売市場であった。威勢のいい掛け声が響く中、オレンジ色に輝く柿が次々と競りに掛けられていった。

 越前柿はみずみずしい食感とほどよい甘さが特長。JA花咲ふくい(坂井市)管内の七十軒の農家が二十ヘクタールで栽培している。この日は、一ケース三十六個入り(重さ約七・五キロ)のLサイズを中心に約八百ケース出荷された。競りに先立ち式典があり、同JA園芸協議会柿部会の山口義雄会長(67)が「台風や夏の猛暑を乗り越え、無事に収穫を向かえることができた。県内の皆さんにぜひ味わってもらいたい」とあいさつした。

 十一月上旬までに約二百二十トンの出荷を見込み、県内や関西のスーパーなどで販売される。 (大健太郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索