トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

テニス県代表迫力あった 福井 児童、指導と試合に歓声

子どもに打ち方を教える林恵里奈選手(奥)=福井市の市わかばテニスコートで

写真

 福井国体を前に、国体出場予定のプロテニス選手らが十一日、市わかばテニスコート(福井市飯塚町)で、ふくいスポーツクラブに所属する小学生二十三人を指導した。国体に出場する県代表の菊池玄吾、林恵里奈、細沼千紗の県スポーツ協会所属の三選手らが、ロンギ正幸選手(28)=同協会所属=の呼び掛けで集まった。菊池選手は「サーブをうまく打つためにはトスが大事。肘を伸ばして肩を支点にまっすぐ上に球を上げることを意識して」などとアドバイスした。

 練習後、ロンギ選手らが混合ダブルスの試合を披露し、プロのサーブを間近で見た子どもたちから歓声が上がった。福井市社北小六年の田中陽葵(ひまり)さん(11)と青山朱生(しゅう)さん(11)は「プロのサーブは間近で見ると迫力があった。いつかあんなサーブが打てるようになりたい」と笑顔で声をそろえた。 (小川祥)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索