トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

永平寺町ブランドに7点 新たに認定、1点切り替え

新たにSHOJINブランドの認定を受けた商品=永平寺町役場で

写真

豆乳、ニンニク、草木染… 

 永平寺町が町内の特産品などを町ブランドとして認定する「SHOJIN」の認定書授与式が十日、町役場で行われた。新たに七点が認定を受け、一点が新商品への認定切り替えとなった。

 授与式には商品を製造する企業や団体の代表者ら五人が出席。同町ブランド戦略推進委員会の小笠原秀敏副委員長が「この認定を機に皆さんの商品が広まっていくことを願っている」とあいさつし、代表者らに認定書を手渡した。

 今回は豆乳やニンニクなど食関係のほか、草木染やAQフロントと呼ばれる多層構造織物のクッションなどの工芸品が認定を受けた。

 永進産業は、これまで認定を受けていたオリジナル形状記憶ニット生地を使って新商品のSHOJIN作務衣(さむえ)を作製し、認定を生地から作務衣に切り替えた。

 認定期間は三年。今回を含めて認定品は四十二点となった。

  (笠松俊秀)

 ◇認定を受けた商品(かっこ内は企業、団体名)

 ▽新認定 お豆腐屋さんの豆乳(ヤマギシ)上志比にんにく、五領たまねぎ(永平寺町農業協同組合)草木染ストール、同タペストリー、同のれん(草木染工房風雅)AQフロント(永平寺サイジング)

 ▽認定切り替え SHOJIN作務衣(永進産業)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索