トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

切って歩いて積んで 池田町考案ウッドスポーツに汗

立ッターで、入念に向きなどを確認して積み木を積み上げる選手=池田町池田中学校体育館で

写真

 福井国体デモンストレーションスポーツ「ウッドスポーツ」が二日、池田町池田中学校体育館であった。間伐材を利用した町考案の新しい競技で、県内外の百四十四人が汗を流した。

 角材をのこぎりで切り落とす「木(キ)ッター」、長さ二・五メートルの木製げたを四人で履いてゴールを目指す「ゲッター」、十五個の積み木を積む「立(タ)ッター」の三種目があり、いずれもタイムを競う。

 一般男子の部に十三チーム、同女子の部と幅広い世代で構成する多世代の部に各九チームの計三十一チームが出場し、競技を通じて交流を深めた。立ッターで用いる立方体(一五センチ角)の積み木には傾斜がついた面があり、選手たちは積み上げるのに苦戦。積み木の傾斜と全体のバランスを見極めながら丁寧に積んでいた。 (玉田能成)

 ◇上位成績

 ▽一般男子の部 (1)角間郷地区体育振興会(池田町)(2)下地区体育振興会(同)(3)チームABC(福井市)▽一般女子の部 下地区体育振興会(池田町)(2)水海女性部(同)(3)中地区体育振興会(同)▽多世代の部 (1)水海地区体育振興会(池田町)(2)チーム薮田(同)(3)下地区体育振興会(同)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索