トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

手作り工芸品ずらり 大野 作家23人が展示即売

手芸の逸品が展示即売されているクラフトマーケット「オブラ・ギア」=大野市のヴィオで

写真

 ハンドメードの作品を展示即売するクラフトマーケット「オブラ・ギア」(日刊県民福井、中日新聞社後援)が一日、大野市のショッピングモール・ヴィオで始まった。毛糸の編み物や革小物、木工品、パステルアートなどが並べられ、多くの来場者でにぎわった。二日まで。

 オブラ・ギアは「作品の道案内」を意味するスペイン語で、ヴィオと実行委員会が主催。手作り工芸品の魅力を知ってもらおうと、市内を中心に二十三人の作家たちが各ブースで作品を展示即売している。

 クレヨンに似た画材で描くチョークアートの工房「もりのこりす」のブースでは、花や動物などが精巧に描かれた作品が並ぶ。毛糸の手芸グループ「ふぃーる」は、毛糸で作った縫いぐるみ「編みぐるみ」を出品。イヌやクマ、恐竜などカラフルな毛糸で編み上げられ、手に取る人を和ませている。

 各ブースには体験コーナーが設けられ、親子連れらがキーホルダーやアクセサリーなど手作りの楽しさを満喫していた。 (藤井雄次)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索