トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

大野市民ら30キロ快走 デモスポーツ・サイクリング

ママチャリで駅伝も

元気よくスタートする中井浩義さん(手前)=大野市役所前で

写真

 福井国体デモンストレーションスポーツのサイクリングが二十五日、大野市役所を発着点とする特設サイクリングコースで行われた。自転車で駅伝を行う「ゆいチャリde越前おおの2018」も同時にあり、市民らが市内を自転車でさわやかに駆け抜けた。

 コースは、国体正式競技の自転車ロードレースの一部コースと市内のサイクリングコースなどを組み合わせた約三十キロのアップダウン。サイクリングには個人の部五十人、ペアに二十七組五十四人が参加。順位は競わず、参加者の健康増進や交流拡大などを目的に開催した。

 ゆいチャリはコースを七区間に分けてママチャリ(日常生活用自転車)を乗り継いでいく。各区間ごとに設けられた利き水やクイズなどのミッションをクリアしていくイベントで、市民ら十三チーム約八十人が参加した。

 サイクリングの参加者で最高齢の中井浩義さん(91)=同市明倫町=は「楽しみにこの日を待っていた。前半は坂がつらいと思うが頑張りたい」と話し、元気にスタートを切っていた。

 (笠松俊秀)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索