トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

園児の本陣飾り物完成 金津祭

大型ダンプトラック「930E」(手前)や、ザリガニを夢中でつくる子どもたち=あわら市の金津こども園で

写真

ダンプ、ザリガニ迫力

 金津祭(十四〜十六日)に向け、あわら市春宮三丁目の金津こども園の五歳児二十四人による本陣飾り物が十一日、完成した。お菓子の箱や牛乳パックなどで作った世界最大級の大型ダンプトラック「930E」とザリガニは、子どもらのアイデアと思い出の結晶。十四、十五の両日、玄関ホールで公開する。

 四百年近い歴史を持つ本陣飾り物は、祭りの華。金津地区市街地の十八区が製作し、出来栄えを競っている。同園では伝統を知ってほしいと、四年前から自主製作に取り組んできた。

 遠足先の小松市で見た高さ七メートルを超える930E、ザリガニ釣りなどの思い出からテーマを決め、各家庭に廃材提供を呼び掛けた。ザリガニの尻尾は、おやつのヨーグルトのふたを折って重ねた。930Eの車体は、段ボールにお菓子やふりかけなどのパッケージを隙間なく貼り付けた。

 十一日は、最終仕上げの後、配置を確認。青色の封筒をつなぎ合わせた「池」にザリガニを運び、930Eとの対決シーンを演出。子どもたちは完成形に「格好いい」「迫力出た」と大はしゃぎだった。 (北原愛)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索