トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

高浜の町家 宿泊可能に 「旧塩屋」町が改修

  移住希望者や学生に提供へ

 高浜町三明の町家「旧塩屋」で大規模な改修工事が進められており、四月から「高浜まちなか交流館」として生まれ変わる。新たに宿泊スペースを設け、町への移住希望者らに提供する。

大規模改修工事が進む「旧塩屋」=高浜町三明で

写真

 旧塩屋は旧丹後街道沿いに建つ築約百四十年の木造二階建て。地域の菓子屋として親しまれてきたが、空き家になったため二〇一三年に町が購入した。一部改修を経て、町内の空き家情報の提供や催事スペース、カフェとして使われてきた。

 昨年十一月から、床板や壁の多くを取り換える全面改修に着手。カフェや催事スペースに加え、移住定住の促進をさらに図るため、二階に最大四人まで宿泊できるスペースを造り、移住希望者や町のイベントに参加する学生らに使ってもらう。

 町から委託を受け、旧塩屋の管理運営に携わってきたNPO法人塩屋の川野美恵子理事(50)は「人口が減ってきている町中心部にある。今後も町民と町外の人を結び付ける交流活動を続けたい」と話している。 (山谷柾裕)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索