トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

国体キャラ 園児共同制作 越前市で作品展

福井国体のマスコットキャラクターが描かれた大作から自分の写真を探す親子ら=越前市文化センターで

写真

 越前市内の幼稚園児の作品を展示する「小さなアーティスト展」が十三日、同市高瀬二丁目の市文化センターで始まった。十四日まで。

 作品を展示することで幼稚園の活動を広く知ってもらおうと、市公立幼稚園後援会連合会が一九九六年から毎年開催。今回は武生西、吉野、国高、坂口、王子保の各幼稚園の三〜五歳児計百三十五人の絵画や、風船を使った雪だるまなどの工作を展示している。

 メインは共同制作した縦一・五メートル、横四メートルの福井国体のマスコットキャラクターを描いた作品。「はぴりゅう」ら五体のキャラクターの服は、園児たちが貼り絵で制作している。キャラクターの周囲は園児たちの顔写真が飾られ、国高幼稚園年長組の岡田冨久斗(ふくと)君(6つ)は「ぼくの顔がここにあった」と指さしながら、母親の友美さん(40)らに自慢げに紹介した。

 展示に合わせて、各種の催しをする「子育てわくわく広場」も開催。この日は地元の団体が歌や琴などを子どもたちに披露した。十四日午後二時からはバルーンアートがある。 (山内道朗)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索