トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

加古里子さん作品の人形劇  だるまちゃんに笑い

「だるまちゃんとてんぐちゃん」の人形劇に見入る子どもたち=越前市中央図書館で

写真

越前市 市内の劇団員2人が出演

 越前市出身の絵本作家加古里子(かこさとし)さんの作品「だるまちゃんとてんぐちゃん」の人形劇が二十三日、同市高瀬二丁目の市中央図書館であった。ユーモアたっぷりの劇に、会場は大きな笑い声であふれていた。

 市内の人形劇団「とんと」の前田耕一さん、太田律子さんのコンビが出演した。だるまちゃんが、一緒に遊ぶてんぐちゃんの持つうちわや帽子、履物、鼻などが次々と欲しくなって家に探しに帰り、父親の「だるまどん」が子どもを喜ばせようと策を練るストーリー。

 前田さんがてんぐちゃん、太田さんがだるまちゃんを主に担当。来場した親子連れら五十人以上が、二人が演じる物語の世界に引き込まれていた。劇に先立ち、二人による手遊びなどもあり、家族で来ていた市内の西野遼太郎ちゃん(5つ)は「全部面白かった」と満足そうだった。 (玉田能成)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索