トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

高齢者の詐欺被害防止 越前署、協議会に協力要請

 ニセ電話詐欺などの被害防止に向けて越前署が二十七日、越前高齢者交通安全リーダー協議会に協力を要請した。

北村直洋署長(左)から要請書を受け取る玉村徹会長=越前署で

写真

 署によると管内(越前市、南越前町、池田町)で認知している今年の被害は、八月末時点で七件、二千三百八十七万五千円。被害額は昨年同期比の三倍以上と深刻な状況になっている。

 同協議会は、管内のお年寄り宅に交通指導で訪れるなどの活動をしており、この際に詐欺に狙われやすいお年寄りらに注意を呼び掛ける活動もしてもらう。協議会メンバーはお年寄りらと地域で顔なじみのため、広報効果が期待でき、最新の手口などの情報や資料を署から随時提供する。

 署で北村直洋署長が協議会の玉村徹会長(72)に要請書を手渡した。玉村さんは「地域で顔を知られていることもあり、しっかりと被害防止を呼び掛けていきたい」と話した。玉村さんは自宅周辺のお年寄り宅を訪れ、架空請求のはがきを印刷した資料などを使い、被害に遭わないためのポイントなどを指導した。 (山内道朗)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索