トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

LGBT支援 北信越で連携 金沢で会議 福井の代表者ら活動報告

LGBTの支援で連携を強めることを確認した北信越5県の団体代表者ら=金沢市内で

写真

5県団体 情報共有へ

 地方都市で生きづらさを感じている性的少数者(LGBT)を支える北信越五県(福井、新潟、富山、石川、長野)の団体が連携を強めている。今月初めに金沢市内で代表者らが集まり、性の多様性に関するアンケートを参院選の比例代表北陸信越ブロックの候補者に行ったり、五県の会場持ち回りで情報共有の会議を続けたりすることを決めた。 (押川恵理子)

 新潟を含む北陸四県の支援団体による会議は二〇一七年に始まり、今年は長野の団体がウェブ会議で初めて参加した。LGBTへの偏見が都会に比べて根強いとされる地方で連携することが狙いだ。

 参加団体の「ダイバーシティラウンジ富山」スタッフの中川理(みちる)さんは「例えばLGBTのための拠点があっても地方では人目を気にして集まりにくい。都会のやり方を持ってきてもうまくいかない」と語る。

 そうした現状を変えようと動く各地の九団体が活動を報告した。「ELLY福井支部」は一七年の衆院選や一八年のあわら市長選、越前市議選などの候補者にアンケートを行い、性的指向や性自認に関する差別禁止を盛り込んだ条例制定への考えなどを尋ねた。

 新潟県の「LGBTにいがたlove1peace」はパートナーシップ条例の制定を働き掛けるため弁護士会と連携している。

 石川県白山市の助産師らが一八年十月に設立した「にじ●(ハート)はぐ白山」は同性パートナーシップ制度の実現を求め、千人以上の署名を同市に提出した。自身の子どものパートナーが、体と心の性が異なるトランスジェンダーという植田幸代代表は「現実にいることを伝えることから始まる」と語った。

 LGBT法連合会(東京都)共同代表である「ダイバーシティラウンジ富山」代表の林夏生・富山大准教授は「北陸は性的マイノリティーが生きづらい地方だからこそ、地方会議というプラットフォームが必要。ウェブ会議で九州や東北など他の地方ともつながろうという話も出た。(地方出身のマイノリティーにとって)古里を帰れるまちにしたい」と語った。

 「性的マイノリティーについての意識」 広島修道大の研究者らによる2015年の全国調査によると、新潟を含む北陸4県では自分の子、同僚、近所の人が「同性愛者だったら嫌だ」と回答した割合が順に80.6%、59.7%、59.7%で、全国平均を8.2ポイント、17.8ポイント、20.2ポイント上回った。「同性愛という性のあり方を義務教育で教えることに反対」との回答も北陸は59.0%で、全国平均44.2%を超えた。調査は全国130地点の20〜79歳を対象に行い、1259人から回答を得た。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索