トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

経団連が就活解禁日指針廃止   

県内外の企業がブースを構え、多くの学生が来場した企業説明会=3月1日、サンドーム福井で

写真

中小企業 人材確保に不安

県内大学 学業への影響も

 経団連が大手企業の採用面接などの解禁日を定めた指針の廃止を決定した。人手不足の状態が続いている県内では中小企業の採用計画のほか、学生の就職活動の長期化、学業への影響を心配する声が上がった。

 現在は大学四年生の六月から面接が解禁となるが、経団連の指針は二〇二一年春入社の学生から廃止される。福井市内の食品製造業の社長は、指針がなくなると「人手不足の状態で、企業が採用にますます前のめりになってしまうのでは」と、人材確保での不安を指摘。採用日程が不透明な状態では「キャリア教育を今後どうしていくのかにも関わってくる」と学生の教育にも影響が及ぶ可能性も見通した。

 県労働政策課の担当者も中小企業への影響を懸念する。「採用担当を専属で置く中小企業は少ない。指針がなくなった場合、採用計画に悩むのでは」と推測。新たなルールづくりは政府主導に転換し、大学側や経済界も参加する関係省庁連絡会議で、まもなく協議を始めるが「今後の動向を注視しながら、企業側に採用に関する情報提供をしていきたい」と話した。

 学生の就職活動を支援する福井大キャリア支援室の大橋祐之室長は「(指針が)ころころ変わるのは良くない」と強調。指針の廃止により「就職活動が前倒しされ、学業に専念できない恐れもある」と就職活動の長期化による学生への影響を指摘する。その上で「現場の意見も聞いていただき、地方を含めて全体を俯瞰(ふかん)し、学生にしわ寄せがこない新ルールを」と求めた。

 県立大就職・生活支援課の担当者も、新ルールの協議に向け、「なるべく早く見通しを立ててほしい」と話していた。 (中場賢一、清兼千鶴)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索