トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

敦賀市新庁舎 外観3案示す

写真

きょうから意見公募

 敦賀市議会の庁舎建設対策特別委員会が十日、市役所で開かれ、市側が新庁舎の外観デザイン案を示した。十一日からパブリックコメントを実施する。

 市庁舎と消防庁舎が白いフレームでつながっているように見えるデザインで、北側と南側の外観を提示。木質の細長い板が続く和風や、コンクリート壁とガラス窓を交互に並べた洋風など、A、B、C案があり、省エネ、開放性、メンテナンス性、コストの四項目で評価をつけた。

 市は二十四日まで、市のホームページや市庁舎、公民館、プラザ萬象で意見を募る。その結果を踏まえて今月中にデザインを決める。

 特別委で市側は、地盤調査の結果、地震発生時に地盤が液状化する可能性が高いことが分かったため、基礎部分のくいを太くすることなどを説明。このため建設費が二億円増え、事業総額が約六十六億円になるとした。 (大串真理)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索