トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

会期前4競技あすから熱戦

 第七十三回国民体育大会(福井しあわせ元気国体)は九日、正式競技のトップを切ってバレーボールのビーチバレーが、小浜市の若狭鯉川シーサイドパーク特設会場で始まる。十七日までに会期前の四競技が行われ、天皇杯獲得(男女総合優勝)を目指す「チームふくい」の戦いが事実上、幕を開ける。

 会期前競技はビーチバレーのほか、水泳の競泳(敦賀市)と飛び込み、水球、アーティスティックスイミング(以上金沢市)、オープンウオータースイミング(若狭町)、ハンドボール(福井市、永平寺町)、クレー射撃(勝山市)が行われる。県勢は監督、選手計百二十三人が挑む。

 総合開会式は二十九日にあり、各競技が本格化する。総合閉会式は十月九日。同十三〜十五日は、第十八回全国障害者スポーツ大会(福井しあわせ元気大会)が開かれる。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索