トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

福井の23神社 社紋ゲット  スタンプラリーマップ作製

福井市内の23神社を巡るスタンプラリーマップを作製した県神社庁福井支部の馬来田善敬支部長=福井市の足羽神社で

写真

 福井国体・全国障害者スポーツ大会(障スポ)の開催に合わせて、県神社庁福井支部は、福井市内にある二十三の神社を巡るスタンプラリー用マップを作製した。「県外観光客に歴史と文化に触れてほしい」と参加を呼び掛けている。

 「幸福度日本一」にちなんで、「しあわせの都市(まち)の神様めぐり 福の神めぐり」と題したマップは、B3判、カラー刷り八つ折り。表面に市内の地図と神社の所在地を描いた。裏面には写真付きで二十三の神社を紹介し、「社紋」をスタンプするスペースを配置した。

 初版として二万部を用意し、市内の観光案内所やホテル、神社で配っている。二十三の全ての神社を巡れば、記念品として社紋入りの手ぬぐいが贈られる。神社巡りの期間は設けていない。福井支部長を務める足羽神社(足羽上町)の馬来田善敬(まくたよしもり)宮司(52)は「国体・障スポだけでなく、マップを通じて北陸新幹線の敦賀延伸後も福井を訪れてほしい」と期待している。 (青木孝行)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索