トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

障スポ出場県勢応援 福井葵LC 横断幕22枚贈る

障スポの応援横断幕を広げる選手ら=福井市ちもり体育館で

写真

 福井葵ライオンズクラブ(LC、五十嵐忠和会長)は二日、来月に迫った全国障害者スポーツ大会(障スポ)に出場する選手を応援する横断幕二十二枚を、しあわせ福井スポーツ協会に贈った。贈呈式は、福井市ちもり体育館で行われ、フライングディスク競技に出場する選手らが参列。五十嵐会長は「横断幕を掲げていただき、われわれの励ましの大きな声になればいいなと思う。時間を見つけて応援に行きたい」と激励した。同協会副会長の池田禎孝県健康福祉部長に目録を、フライングディスクの中山茂都選手に横断幕を、それぞれ手渡した。

 横断幕には力強い筆致で「がんばれ!!福井」の文字が書かれている。大小二種類あり、縦〇・九メートル、横四・五メートルの大を十九枚、縦一・二メートル、横二・四メートルの小を三枚用意した。協会を通じて、障スポに出場する県内のチームに届けられる。

 この後、フライングディスク競技の体験会もあり、福井葵LCの会員も選手たちと一緒に競技に挑戦。直径〇・九メートルの円形のゴールを狙ってディスクを十回投げ、ゴールの内側を通過した数を競うアキュラシーなどを体験した。 (清兼千鶴)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索