トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

西部アクセス道路開通 国道158と大野市街地結ぶ

国道476号西部アクセス道路の開通を祝う関係者たち=大野市犬山で

写真

 大野市の国道158号から市街地へのアクセス道となる国道476号「西部アクセス道路」が二日、開通した。関係者や地元住民ら約三百人が赤根川に架けられた新橋「戌山(いぬやま)橋」の渡り初めで完成を祝い、午後二時からは一般車両の通行も始まった。

 開通式典は同市天神町の結とぴあと同市犬山の現地で行われ、現地では西川一誠知事や石山志保市長、地元の有終西小学校の児童らがテープカットや風船を飛ばすなどして開通を祝った。渡り初めでは、地元の三世代家族を先頭に、関係者が亀山山頂にある越前大野城の眺望を満喫した。

写真

 西部アクセス道路は国道158号の犬山交差点と越前大野城がそびえる亀山のふもとの城町を結ぶ七百四十メートルで、うち戌山橋は五十三・四メートル。二〇一四年度に着手し、事業費は約十億円、うち戌山橋は三・七億円。

 国道158号から市街地へのアクセスが容易になったことで福井市方面からの観光客を円滑に呼び込み、市街地活性化や市民の利便性向上が期待される。県では一日当たりの計画交通量を二千八百台としている。 (藤井雄次)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索