トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

原発同時事故初の訓練 住民ら2万1600人参加へ・大飯、高浜

初日・対応拠点を一本化

安倍晋三首相や福井県庁などをテレビ会議で結んだ対策本部合同会議=25日午後、おおい町の大飯オフサイトセンターで(山田陽撮影)

写真

 関西電力大飯原発(おおい町)と高浜原発(高浜町)の同時事故を想定した国の原子力総合防災訓練が二十五日、始まった。両原発は約十三キロの距離にあり、近接する二つの原発の事故を想定した訓練は初めて。二十六日までの二日間、政府や地元自治体など約百九十機関、両原発の半径三十キロ圏内の住民ら過去最多の二万一千六百人が参加する。 (今井智文)

きょう広域避難

 訓練は京都府北部を震源とした地震で大飯3号機が原子炉の冷却機能を失い、その後に高浜4号機も送電線のトラブルなどで事故に至ったと想定した。

 初日の訓練では、両原発の事故対応拠点「オフサイトセンター」の機能を大飯側に統合し対応を一本化。センターと首相官邸、各府県庁などをテレビ会議で結んだ対策本部の合同会議で、安倍晋三首相が原子力緊急事態を宣言した。首相は知事らに対し原発三十キロ圏内の住民の避難や屋内退避を要請。関係省庁にも自衛隊や医師の派遣、支援物資の供給などを指示した。

 半径五キロ圏内で孤立の恐れがある半島部では、ヘリコプターなどを使って急病人に見立てた住民を敦賀市の病院に搬送する訓練を実施。学校に残った子どもの避難なども含め、初日の訓練は大きな混乱もなく終了した。

 二十六日は、三十キロ圏内の住民がバスや自家用車で県内外に避難し、半島部ではヘリ、船、陸上自衛隊車両で住民を搬送する訓練が行われる。住民の参加者は福井、滋賀、京都の三府県で計一万七千三百人に上り、全国の広域避難訓練では最大規模となる。

 現在、大飯3、4号機が運転中で、高浜3、4号機は定期検査で停止している。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索