トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

両陛下 来月28〜30日ご来県 国体出席 今回が最後

写真

県民に大きな喜び

 福井国体を視察するため、天皇、皇后両陛下が九月二十八〜三十日の三日間、福井県を訪問されることが決まった。宮内庁と県が二十一日、発表した。坂井市、福井市、越前市などに立ち寄り、総合開会式やフェンシング競技を視察する。天皇陛下は来年四月末の退位が決まっており、国体への出席は今回が最後となる。 (尾嶋隆宏、山本洋児)

 両陛下が来県するのは、二〇〇九年六月の第六十回全国植樹祭以来、九年ぶり。即位後の平成になってからは、三回目となる。

写真

 両陛下は九月二十八日に小松空港(石川県小松市)経由で福井県に入る。初日は坂井市春江町の県教育総合研究所教育博物館で、幕末明治百五十年にちなんだ教育に関する企画展(九月十五日開幕予定)や教科書の歴史についての展示を観覧する。

 二十九日は福井市の県営陸上競技場(9・98スタジアム)で実施される国体の総合開会式に出席し、式典演技などを視察する予定。滞在中の宿泊先である同市内のホテルフジタ福井に戻った後、国体の役員懇談会にも出席する。

 三十日は越前市武生中央公園総合体育館でフェンシング競技の成年男女の各フルーレ一回戦を視察した後、同市内の武生高校で昼食を取り、小松空港から特別機で皇居に戻る。

写真

 西川一誠知事の談話 

 来年春の御退位を控えておられる中での国体への臨席となります。この節目に「福井しあわせ元気国体」を開催できることを大変光栄に思います。

 

 今回のご訪問により、皇室と本県のつながりがさらに深まりますことは、関係者はもとより県民にとりましても大きな喜びであります。ご来県を県民とともに心からお待ち申し上げております。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索