トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

えち鉄15年今後も応援 永平寺町サポート会総会 

利用者や乗務員意見発表

利用者らの発表などが行われた永平寺町えちぜん鉄道サポート会の総会=同町松岡公民館で

写真

 永平寺町えちぜん鉄道サポート会(和田高枝会長)は十五日、永平寺町松岡神明一丁目の松岡公民館で、えちぜん鉄道開通十五周年記念総会を開いた。

 町内のえちぜん鉄道サポーターズクラブの会員ら約百五十人が参加。和田会長は「これからもどんどん電車に乗って、えち鉄を残す活動をしていきましょう」と呼び掛け、河合永充(ひさみつ)町長は「えち鉄の映画が今秋公開されるなど、さまざまな取り組みがさらなる盛り上がりをつくっていく」とあいさつした。

 総会では利用者やえち鉄アテンダントの意見発表があり、柳原淳太君(松岡小学校六年)は「駅が近くにあり、えち鉄をよく利用する。いつも僕が起きるより早く動きだし、寝てからも走り続けている」と発表。アテンダントの奥田恭加さん(23)は「車内で不安になったらいつでも気軽に声を掛けてほしい」などと話していた。 (笠松俊秀)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索