トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

とみ金豚(きんとん) さあ出荷 あわら 13日料理で提供

とみつ金時を餌にすくすくとみ

 あわら市北潟の富津地区のサツマイモ農家が、特産の「とみつ金時」を餌に六月から放牧して育てていた豚の肉「とみ金豚(きんとん)」の試験的な出荷が始まった。十三日にはお披露目を兼ね、納入先の一つの飲食店「なん・なん亭あわら本店」(同市舟津)が、カツ丼などのメニューにこの豚肉を使って提供する予定だ。 (小川祥)

特産のサツマイモ「とみつ金時」を餌に大きく育った豚=あわら市北潟で

写真

 豚の放牧は、イノシシによるイモへの食害を防止するのに加え、廃棄している規格外のイモを有効活用しようと、吉村智和さん(40)らとみつ金時の栽培農家五人が千平方メートルほどの休耕畑二カ所で実施。越前市の養豚農家から仕入れた生後四カ月ほどの三元豚十頭を飼育した。豚の放牧は県内では初めて。

 吉村さんによると、子豚は放牧当初はイモを食べようとはせず、配合飼料ばかりを食べていたが、食べやすい大きさに切るなどの工夫を加えたことで、飼料をのけて先にイモを食べるように。仕入れた時点では五〇キロほどだった豚の体重は、出荷を始めた先月下旬には一六〇キロ前後まで成長した。

 休耕畑付近では放牧前、イノシシの足跡が多く見つかっていたが、放牧中は確認されず「一定の効果が見込めた」(吉村さん)という。

 とみ金豚は今年、なん・なん亭など市内の飲食店に計一トンほどを出荷する。吉村さんらは来年は飼育頭数を二、三倍に増やし、県内を中心に本格的に出荷する方針。今後五年間で放牧地を十カ所に拡大し、二百〜三百頭に増やしたい考えだ。

 十三日のお披露目会では、千円でカツ丼を提供。アンケートなどに協力することで割り引きなどもあるという。アンケートでの感想を今後の飼育などに役立てる予定だ。吉村さんは「放牧でストレス無く育ってくれたと思う。想像以上に柔らかいので、ぜひ一度味わってみて」と話す。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索