トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

県関係 全国最多5品目 農林水産物・食品保護 ブランド登録

 上庄さといも 

 若狭小浜小鯛ささ漬 

上庄さといも

写真

 農林水産省は十日、地域で長年育まれた農林水産物や食品をブランドとして守る「地理的表示(GI)保護制度」の登録対象に、県内から「上庄さといも」と「若狭小浜小鯛ささ漬」を新たに選んだと発表した。県関係の登録は全国最多の五品目になった。 (山本洋児)

 GI保護制度は二〇一五年度にスタート。特別な生産方法で高い評価を得ている農林水産物・食品の名称を品質の基準とともに国に登録し、知的財産として保護する。今回は全国で六品目が登録され、計四十八品目となった。

 おおむね二十五年以上、生産されていることなどが申請条件となっている。上庄さといもはJAテラル越前(大野市)が一五年九月に、若狭小浜小鯛ささ漬は協同組合小浜ささ漬協会(小浜市)が一六年十一月にそれぞれ申請していた。

若狭小浜小鯛ささ漬

写真

 県内では一六年七月に「吉川ナス」、同年九月に「谷田部ねぎ」と「山内かぶら」の三品目が登録された。現在は木田ちそ、越のルビー、福井梅、越前水仙、若狭牛、越前がにの六品目が申請中。

 農水省北陸農政局によると、登録による知名度アップで取引量拡大や価格上昇、担い手増加などの効果が生まれる。登録を支援する県福井米戦略課の担当者は「ブランド化への弾みになれば」と話す。

 登録証授与式は十五日、東京都の農水省で開かれる。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索