トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

個性的コース 口コミ広がる リラ・グリーン

敦賀のグラウンド・ゴルフ場

 敦賀市が昨年四月、同市高野にオープンさせたグラウンド・ゴルフ場「リラ・グリーン」の客足がじわじわ伸びている。本年度九月末までの利用者数は一万一千百五十四人で、昨年同期の約一・三倍。元プロゴルファーが設計した変化に富んだコースが口コミで広がっているようだ。 (米田怜央)

伸びる客足県外からも

 坂、山、バンカー。「平たんな直線が一般的なグラウンド・ゴルフ場の中で、非常に個性的」。元プロゴルファーで、指定管理者の浜名湖グラウンド・ゴルフパークの高岸佳宏代表(59)は自信を見せる。

山のような盛り上がりなど変化に富んだコースが集まるリラ・グリーン=敦賀市高野で

写真

 リラ・グリーンは、市が健康増進と観光振興を目指して、温泉施設「リラ・ポート」の隣に整備した。難度別の四コース三十二ホールで、市総合運動公園に続いて市内二カ所目の競技場。浜松市でグラウンド・ゴルフ場を経営していた高岸代表に設計を依頼した。

 昨年度の利用者数は一万五千七百四十人(一、二月は休場)。本年度は九月末まで毎月昨年度の数字を上回る。県内を中心に、滋賀や石川など近隣県からも訪れているという。

 市グラウンド・ゴルフ協会の前川孝志会長は「似たコースは近くにない。敦賀の会員以外にも評判が広まっているのでは」と推測する。市の選抜メンバーが県大会で好成績を収めるなどレベルの向上も感じる。「施設ができて、競技に携わる皆が喜んでいる」

 コースのこだわりは多様性だけではない。天然芝は打ちやすい長さに維持。ゴールポストの位置は毎日変えて飽きないようにしている。大会は月二回開催し、積極的に人を呼び込む工夫を凝らす。

 九月の平日。リラ・グリーンでは、高齢者の数グループが元気にプレーしていた。週に三、四回訪れるという山田多美子さん(69)=敦賀市松原町=は「ここのコースは難しいから面白い。隣の温泉で汗を流せるし」と笑顔を見せた。

 市観光振興課の担当者は「口コミだけでなく、市の情報発信も強化して、市内への誘客にもつなげたい」と期待している。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索