トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

業者も“超短期決戦”

衆院選用のポスター掲示板を設置する作業員=2日、福井市役所前で(山田陽撮影)

写真

掲示板の準備 作業員3倍に

レンタルも大忙し

 十日公示の衆院選に向けて、県内選挙関係の各事業者が準備に追われている。安倍晋三首相の解散意向表明から公示まで、二週間余りの「超短期決戦」。時間と人手に限りがある中、何とか準備を間に合わせようと、関係者らが駆け回っている。 (山口育江)

 「時間がない。正直、間に合うか不安な気持ちもあるが…」。市長選(十五日告示)の時期に衆院選が重なった越前市の看板製造業「かなづや」の担当者は、困惑した様子で話した。

 同社は、候補者ポスターの掲示板の組み立てや設置を請け負っている。当初は越前市長選の約二百四十カ所の予定だった。越前、鯖江、南越前の二市一町の衆院選分が加わり、設置場所の総数は三倍の約七百二十カ所に増えた。

 同社によると、通常は各自治体選管の注文から、掲示板を組み立てて設置するまで一カ月ほどかかる。今回は二週間ほどしか準備期間がないため、昨年夏の参院選に比べて、作業員を三倍に増やした。効率的に大量の掲示板を設置するために、作業や設置の手順も見直しているという。担当者は「従業員は朝早くに出て、暗くなる直前まで帰って来ない。休み返上で頑張っており、一刻も早く設置したい」と話す。

 福井市のポスター掲示板の設置などを請け負う市内の看板業者も「大慌てで準備している。社員総出で、急きょアルバイトも雇った」と慌ただしい口調で話した。

 レンタル業者も大忙しだ。福井市の業者には、九月下旬から立候補予定者の事務所にテーブルや椅子の搬入を求める依頼が相次いだ。公示日が近づくにつれて、選挙戦で使う車やスピーカーの注文も増えてきた。例年、十月十日前後はイベントが多く、業者にとっては繁忙期。担当者は「忙しさに追い打ちを掛けるように、選挙が決まった。今週がヤマ場。やるしかない」と気を引き締めた。

福井で設置開始

 衆院選を前に、福井市選管は二日、選挙用のポスター掲示板の設置作業を始めた。

 掲示板は、高さ〇・九メートル、幅二・三メートル。六日までに市内六百八十八カ所に設ける。市役所前では、作業員二人が角度を調整しながら、最初の一枚を手際良く取り付けていた。二十二日の投票日が記された横断幕も庁舎に掲げられた。

 市選管の山内崇さんは「掲示板を見て、選挙への関心を高めてほしい。多くの人に投票に行っていただければ」と啓発効果に期待していた。 (山口育江)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索