トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

山本氏単独1位 比例代表北陸信越ブロック名簿 

自民両院議員会議が了承

写真

 次期衆院選の比例代表について、自民党北陸・信越ブロック両院議員会議は二十七日、東京・永田町の党本部で会合を開き、県関係の山本拓氏(65)を名簿登載順位単独一位とすることなどを了承した。近く党本部に上申する。

次期衆院選での協力を呼び掛ける山崎正昭会長(奥中央)=東京・永田町の自民党本部で

写真

 同会議は福井など北信越五県の自民党国会議員で構成する。会合は冒頭を除き非公開で、この日は二十五人が出席。終了後に会長の山崎正昭参院議員(福井選挙区)が説明した。

 県内は二〇一四年の前回衆院選で、一票の格差を是正する「〇増五減」により選挙区が三から二に減った。会合では、山本氏が名簿上位二回の条件で比例に回った経緯が説明され、今回も単独一位が了承された。このほか比例北陸信越ブロック現職の助田重義氏(57)についても、党本部に名簿登載を求めることを決めた。

 山崎会長は「総じて厳しい選挙になる。北陸信越ブロックに万が一がないように全力を挙げていく」と語った。 (山本洋児)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索