トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

日本海側に観光ルート 文化、食、絶景売り出しへ

来年の協議会設立に向け、連携をアピールする渕上隆信敦賀市長(左から2人目)ら=東京都内で

写真

敦賀など4市と大阪の運輸会社

 敦賀市など日本海側四市と運輸などを手がける大阪の会社は二十五日、東京と京都・大阪をつなぐ「ゴールデンルート」に対抗する「日本海縦断観光ルート」を作るため、協議会を設立すると発表した。江戸から明治時代に北前船でつながった日本海側の歴史文化や食、魅力的な絶景を売り出す。

 協議会設立に合意したのは敦賀、新潟、京都府舞鶴、兵庫県豊岡の四市とWILLER(大阪市)。WILLERによると、日本海側は観光地同士を結ぶ共通テーマや交通手段が不足していて、縦断する旅行者が少ない。交流人口を拡大させるため、新潟市がフェリーや鉄道で結ばれている他市に協力を呼び掛けた。

 協議会は▽テーマ性のある観光プランをつくる人材の育成▽交通手段の考案▽統一的な情報発信−を柱に据える。自治体や交通、飲食、宿泊事業者に参加を求めて、来年初頭に協議会を設立し、夏に新しいツアーの運用開始を目指す。

 この日、都内で開いた記者会見には、四市とWILLERの代表者が出席。渕上隆信市長は、かつてポーランドの孤児やユダヤ人難民が上陸した敦賀港の歴史のPRに意欲を示した。 (米田怜央)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索