トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

ペンギンよちよち横断中 信号、交通ルール 守ります

越前松島水族館

信号を守って横断歩道を渡るフンボルトペンギン=坂井市の越前松島水族館で

写真

 秋の交通安全県民運動(三十日まで)にちなみ坂井市三国町崎の越前松島水族館で二十四日、フンボルトペンギンも参加した交通安全教室が開かれた。ペンギンたちはよちよちとした足取りで「横断歩道」を渡り、交通ルールを守る模範を示した。

 交通安全意識と交通マナー向上を目的に、日本自動車連盟(JAF)と同館、三国交通安全協会、坂井西署が開催。教室では中村英輔交通課長が、道路では遊ばない、飛び出さない、信号を守り横断歩道を渡ることを訴えた。

 この後、ペンギンたちが横断の手本を実演。散歩ルートに置いた横断歩道に見立てたマットの上を、信号機と同じ色の帽子をかぶった十八羽が、歩行者用信号をしっかり守って渡りきった。中には端を歩く危なっかしいペンギンもいたが、水族館の係員は「皆さんは横断歩道の真ん中を渡ってください」とアピールしていた。交通安全○×クイズの挑戦者への「子ども安全免許証」の発行や、白バイやパトカーの展示もあった。 (中田誠司)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索