トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

陽子線「体に負担ない」 なかにしさん がん治療語る

陽子線治療に至った経験を語るなかにし礼さん=18日、福井市のフェニックス・プラザで

写真

福井で公開講座

 県立病院(福井市四ツ井二丁目)が誇る陽子線によるがん治療への理解を深めてもらう公開講座が十八日、福井市田原一丁目のフェニックス・プラザであり、作詞家なかにし礼さんが治療の経験を語った。 (中崎裕)

 なかにしさんは二〇一二年に食道がんを発病し、心臓に持病を抱えていたことから手術をせずに治す方法を模索した。何人もの医師からすぐに手術することを勧められ、陽子線という選択肢を知らされなかったという。

 「調べたら欧米では切らない人が多かった。日本の医師は切ることにプライドを持っているし、切りたがる」と指摘。陽子線治療にたどりつき「痛くもかゆくもなく、身体的負担はまったくなかった」と振り返った。

 講演前に県立病院の陽子線がん治療センターを見学したといい、施設と治療手法を絶賛。「がんと言われると結構目の前が真っ暗になって『先生助けてください』となりがちだが、自立した考え方が大事」と、聴講の四百人に語り掛けた。

 なかにしさんの講演に先立ち、同センターの玉村裕保センター長も登壇。放射線とは異なり、がん細胞を狙い撃ちできる陽子線治療の利点を解説した。

お父さん検診受けて

県内7カ所でキャンペーン

がん検診を勧めるチラシに父親へのメッセージを書く子どもたち=18日、福井市のアピタ福井大和田店で

写真

 「父の日」の十八日、男性のがん検診促進キャンペーンが、県内七カ所のスーパーなどであり、県や市町の職員らが「お父さん」を中心に検診利用を呼び掛けた。

 福井市大和田二丁目のアピタ福井大和田店では、店内の広場に肺や胃、大腸がんの検診内容を説明するパネルを展示。福井国体・全国障害者スポーツ大会のマスコットキャラクターはぴりゅうも登場し、啓発チラシに父親へのメッセージを書いて子どもから渡してもらうPR作戦に一役買った。

 女性の子宮頸(けい)がんや乳がんを含めた県内のがん検診受診率は、二〇一五年度時点で49・5%。職員らは臓器ごとに検診年齢の制限があるものの、各市町の補助を受けて低額で検診を受けられることなどを紹介した。

 家族三人で訪れた福井市の会社員、高井誠さん(40)は「(がんに)もしなっていても分からないから検診を受けるしかないですよね」と話していた。 (中崎裕)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索