トップ > 日刊県民福井から > 釣り週報 > 記事

ここから本文

釣り週報

チヌ小さい今後に期待 

 三国方面 九頭竜川河口で50〜60センチのスズキ。三国の防波堤では15センチ前後のアジや20センチ級のメバル。福井新港ではチヌがぼちぼち。35センチ程度と型は小さいが、これからに期待。磯ではメバル狙い。天候次第だが船なら50〜60センチのマダイのほかブリ、ヒラマサも狙える。=三国町池見、フィッシングまさだ(電)0776(82)2712

 越前海岸 全体的に厳しい。越前町の大樟や梅浦、玉川ではアジが釣れている。大物のヒラマサが、福井市の鷹巣などで揚がっているが、数は少ない。体長は60〜70センチほど。=鯖江市三六町2、小林釣具店(電)0778(51)1452

 敦賀湾 グレ、チヌがシーズン。グレは多い人なら半日で20匹、チヌは6匹ほど釣れる。釣果は12月中旬までがピーク。以降はサヨリがかかり始める。=敦賀市五幡、きはら釣具店(電)0770(28)1915

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索