トップ > これからの学びに新聞の力を > 家庭学習に新聞を チャレンジNIE 経過報告

ここから本文

家庭学習に新聞を チャレンジNIE 経過報告

2017年 NIE全国大会名古屋大会開催(8月3日・4日)

 中日新聞社では、本年8月3日・4日に開催される「第22回NIE全国大会名古屋大会」(会場:名古屋国際会議場)に向けて、家庭学習で新聞を活用する『NIE親子応援隊』を結成しました。また、愛知県の3つの高校の新聞部がオリジナル新聞製作に挑戦する『高校生新聞』の企画も進行中です。今回、当企画の応援サポーターをつとめる春香クリスティーンさんに、親子や高校生の取り組みの経過報告をしていただきます。


<「第22回 NIE全国大会名古屋大会」の詳細はこちら>

Facebookでも発信中NIE親子応援隊&高校生新聞

NIE親子応援隊の模様は、Facebookの専用ページで随時発信されています。また同時に、愛知県の3つの高校の新聞部がオリジナル新聞製作に挑戦する「高校生新聞」企画の様子も同ページで紹介。リアルタイムで発信されるNIEの取り組みをぜひご覧ください。

https://www.facebook.com/nagoyanie/

3つの課題にチャレンジ NIE親子応援隊 新聞で広がる親子の会話

 「NIE親子応援隊」では、5組の親子が3つの課題に取り組んでいます。1つ目は、気になった記事の切り抜き、2つ目が一面の「中日春秋」から印象に残るベスト3を選定、そして、中日新聞の投稿欄「発言ヤング」に投稿、という課題です。

 記事の切り抜きでは、親子が新聞を読んで心にとまった記事を「喜・怒・哀・楽」「考(もう少し考えたい)」に分類。親子からは「同じ記事でも親子で感想が違っていて興味深い」「学校の話題が多かったが、他のことで話す機会が増えた」などの声が挙がりました。

 中日春秋の課題は、ベスト3を選んだ後に見出しをつける必要があり、これまで見出しをつけたことのない子どもたちは悪戦苦闘。また投稿については、伝えたいことはあっても、決められた文字数でまとめることに悩んでいる姿も見られました。

 どの親子にも共通していた感想が「コミュニケーションが増えた」の声。NIEをきっかけに、親子の会話が増え、相互の理解が深まっているようです。

名古屋市 彦田加奈子さん・栄和くん(中学3年生)

「親子の会話が増えましたね。話をする時間が取れなくても、切り抜いた記事を見て息子の物事の見方が分かるようになりました。(加奈子さん)」/名古屋市 彦田加奈子さん・栄和くん(中学3年生)

一宮市 渡部由紀さん・由寿さん(中学3年生)

「テーマはすぐに決まっても、適切な言葉が見つからなかったり、文字が収まらなかったり。投稿をまとめるのが大変でした(由寿さん)」/一宮市 渡部由紀さん・由寿さん(中学3年生)

豊川市 鈴木直美さん・啓太くん(高校1年生)

「創作物と違って、新聞は『真実』がベース。あらためて、喜怒哀楽の心への響き方が他の媒体とは違うと感じました(直美さん)」/豊川市 鈴木直美さん・啓太くん(高校1年生)

犬山市 兼松幸枝さん・南帆さん(中学1年生)

「娘は明るい記事に、私は介護関連の話題に注目。地元の犬山祭の記事は親子ともに興味深く読んでいましたね(幸枝さん)」/犬山市 兼松幸枝さん・南帆さん(中学1年生)

碧南市 小澤千恵子さん・美寿さん(中学2年生)

「今まで文章に見出しやタイトルをつけたことがないので、中日春秋の課題が難しい。後半は特に力を入れたいです(美寿さん)」/碧南市 小澤千恵子さん・美寿さん(中学2年生)

春香クリスティーンさん

皆さん、会話が増えていますね。学校や家庭の話題は、自分たちが当事者になるため話しづらいときもあるかもしれません。新聞記事についてなら、親子が同じ立場で話ができるので会話が弾むのでしょうね。


高校生が新聞製作にチャレンジ 高校生新聞 取材経験を通じて新たな発見

 「高校生新聞」では、愛知県内の3つの高校の新聞部が参加。8月3日の「第22回NIE全国大会名古屋大会」当日の夕刊に、生徒たちが取材、編集した新聞を実際に掲載するという企画です。生徒自身が気になった地元のニュースや話題を取材することで、今どきの高校生の視点が紙面化されます。

 各校の新聞部は中日新聞の記者にレクチャーを受けた後、記事にしたいテーマを自分たちで話し合って決定。実際に現場に出向き、関係者に取材をしました。生徒からは「事前に調べただけではわからないことを知ることができ、知識が深まった」「本やインターネットには書かれていない取材先の方々の想いを感じられるのはおもしろい」といった声も。「生の声を聞く」という経験を通して、取材や新聞に対して、これまで以上に興味・関心が高まっている様子がうかがえました。

桜花学園高校の生徒たちは、名古屋のまちの魅力について興味を抱き、市の職員に話を伺いました

桜花学園高校の生徒たちは、名古屋のまちの魅力について興味を抱き、市の職員に話を伺いました

一宮市本町商店街の会長に取材をした一宮西高校。さらに商店街で街頭インタビューも実施

一宮市本町商店街の会長に取材をした一宮西高校。さらに商店街で街頭インタビューも実施

半田高校の新聞部は中部国際空港へ。空港を軸にした知多半島の魅力発信について聞き取りました

半田高校の新聞部は中部国際空港へ。空港を軸にした知多半島の魅力発信について聞き取りました

春香クリスティーンさん

意欲的に取材活動に取り組んでいますね。今しか感じられないことがあると思いますし、皆さんの新聞を読んだ大人たちも、高校生の目線から、気づくことがたくさんあるはずです。私も完成が待ち遠しいな。


チャレンジNIE 親子応援隊・高校生新聞応援サポーター春香クリスティーンさん

NIE親子応援隊サポーター 春香クリスティーンさん

新聞は私にとって大切な情報源。記事や見出しの大きさで、ニュースの注目度が分かり、関心がない記事でも目に飛び込んでくるため、世の中の動きが瞬時につかめます。そんな新聞を学習教材に使うのがNIEです。子どもの頃から新聞にふれることは、いずれ社会に出たときに、自分の考えを伝えるトレーニングにもなるはず。NIE親子応援隊、高校生新聞の2つの企画でも、そんな様子が見て取れました。

プロフィール
1992年生まれ。タレント。日本人の父親とスイス人の母親をもち、ドイツ語、日本語、フランス語、英語を話すことができる。政治への関心が強く、若者に向け政治や選挙を分かりやすく説明する著書も執筆。

NIEとは?

 NIE(Newspaper in Education=「エヌ・アイ・イー」)は、学校などで新聞を教材として活用することです。1930年代にアメリカで始まり、日本では85年、静岡で開かれた新聞大会で提唱されました。その後、教育界と新聞界が協力し、社会性豊かな青少年の育成や活字文化と民主主義社会の発展などを目的に掲げて、全国で展開しています。

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索