トップ > 中日新聞社から > 女性活躍推進法取組み

ここから本文

女性活躍推進法取組み

株式会社中日新聞社 行動計画

計画期間

平成28年4月1日〜平成33年3月31日

当社の課題

男性に比べ女性の平均継続勤務年数が短い

目標

男性に対する女性の平均継続勤務年数の割合を10ポイント上昇させる

平成27年4月1日現在は66.3%。
平成32年4月1日に10ポイント増の76.3%を目指す。

取組内容と実施時期

取組内容1

男女ともに長く働きたいと思う会社であるために・・・
育休最長3年、子が小学校卒業までの間、短時間勤務が可能―といった手厚い育児制度をはじめとする社の制度について周知

  • 平成28年6月ごろ

    「仕事と育児の両立支援」ハンドブック改定、社内ポータルで全社に公開

  • 平成28年夏ごろ

    社の看護・介護制度の概要を社報で周知

  • 平成29年3月ごろ

    社の看護・介護制度の電子版リーフレット作成、社内ポータルで全社に公開

  • 新任部長、部次長らの研修で社のワーク&ライフバランスの諸制度を啓発。毎年2〜3回不定期で開催。

取組内容2

若手社員の離職者を減らすために・・・
キャリアアップ意識を高めてもらうことを目的とした研修を実施

  • フォロー研修

    入社7年目の大卒者が対象。社の現状を知り、今後のスキルアップと社内各職場への認識を深めることがねらい。毎年3〜4回不定期で開催。平成28年度は7月、10月、平成29年1月に実施予定。

  • リーダーシップ研修会

    高卒者を中心とした入社10〜15年経過の中堅社員が対象。社の現状を知り、中堅社員としての自覚と責任、職場のリーダーを担える人材を育成することがねらい。毎年6月に開催。平成28年度は6月に実施予定。

男女の平均継続勤務年数(平成28年4月1日現在)

性別 平均継続勤務年数
女性 14.23
男性 21.46
男女の平均 19.91

男性に対する女性の平均継続勤務年数の割合

66.3%

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索