トップ > 中日新聞社から > 表彰事業 > 中日産業技術賞 > 贈呈式

ここから本文

中日産業技術賞 贈呈式

田辺三菱「革新的な製薬目指す」

2017年12月6日 朝刊から



写真

経済産業大臣賞を受ける田辺三菱製薬の三津家正之社長=5日、名古屋・栄の中日パレスで

 優れた産業技術や製品をたたえる第31回中日産業技術賞(中日新聞社主催、経済産業省後援)の贈呈式が5日、名古屋市中区の中日パレスで開かれた。

 経済産業大臣賞には田辺三菱製薬(大阪市)の「2型糖尿病治療薬カナグリフロジン」が輝いた。糖が尿に出るのが糖尿病の症状だが、逆に過剰な糖をそのまま尿で排出して血糖値を改善する世界初の飲み薬を開発。2013年にライセンス契約を結ぶ米製薬大手で販売が始まると爆発的に広まった。

 現在は日本をはじめ世界78カ国以上で承認され、2型糖尿病患者の治療に役立っている。

 式典では、田辺三菱製薬の三津家(みつか)正之社長が、富吉賢一中部経済産業局長から賞状とメダルを受け取り、「これからも世界の人々の健康に貢献できる革新的な医薬品の創製を目指していく」とあいさつした。

 富吉局長は「受賞した技術や製品は、いずれも社会や市場の新たなニーズに応えた大変すばらしいものだ」とたたえた。

 中日新聞社賞はデンソー(愛知県刈谷市)の「次世代エコカー向け ガスインジェクション式ヒートポンプ空調システム」、特別奨励賞は富士特殊紙業(同県瀬戸市)の「軟包装用デジタルグラビア複合印刷機『FUJI・M・O®(フジモ)』」がそれぞれ受賞。デンソーの有馬浩二社長と富士特殊紙業の杉山真一郎社長には、中日新聞社の白井文吾会長から賞状などが手渡された。

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索