トップ > 中日新聞社から > 表彰事業 > 中日文化賞 > 第21回〜第30回受賞者

ここから本文

中日文化賞

受賞者一覧

第1回〜10回 | 第11回〜20回 | 第21回〜30回 | 第31回〜40回
第41回〜50回 | 第51回〜60回 | 第61回〜65回 | 第66回〜70回

第21回(昭和43年)
網内系学会を中心とした指導的役割り赤崎兼義
ムコ多糖の分子進化と生合成の研究鈴木旺
中日大辞典の完成鈴木択郎
九谷焼の振興と新分野の開拓北出塔次郎
第22回(昭和44年)
転移リボ核酸の化学構造の決定竹村彰祐
「木曽川の魚」をはじめとする一連の河川魚の生態研究丹羽彌
光導電形撮像管に関する研究西田亮三
内蔵知覚の受容・認知一機構の解明卜部美代志
美術界への貢献と後進の指導伊藤廉
体操実技の進歩向上による体育文化への貢献中山彰規
第23回(昭和45年)
老性変化の研究田内久
蛋白分解酵素プロメラインの研究村地孝
ユニタリー表現論の研究岡本清郷
インド古典論理学の研究北川秀則
北陸美術界への指導と貢献高光一也
第24回(昭和46年)
ビタミンB6の研究とその臨床的応用山田弘三
霊長類の研究とその普及活動宮地伝三郎
フラビンおよびへム関与の水酸化反応の研究片桐正之
道元禅師の研究大久保道舟
瀬戸陶芸界への貢献と後進の指導鈴木青々
第25回(昭和47年)
絨毛性腫瘍の臨床的研究石塚直隆
金属錯体に見られる立体選択性の研究柴田村治
バイ(海ツボ)の毒物に関する研究静岡県衛生研究所
中部書道界への貢献と書業中野蘭疇
国際画家としての業績と日仏文化交流への貢献荻須高徳
彫刻「コの記号」を中心とする作品群野水信
第26回(昭和48年)
がんウイルスの研究とその国際交流への貢献伊藤洋平
四日市公害に関する疫学的諸研究吉田克己
生物発光の化学的研究後藤俊夫
岸義人
井上昭二
中部日本画壇への貢献と後進の指導嶋谷自然
長年の画業と九谷焼の振興硲伊之助
第27回(昭和49年)
芽胞(細菌胞子)に関する研究蜂須賀養悦
植物疾病の生理生化学的研究瓜谷郁三
電子顕微鏡とその関連分野に関する研究榊米一郎
北陸地方の彫塑界発展に貢献矩幸成
中京能楽界への貢献と笛方(藤田流)として後進の指導育成藤田六郎兵衛
第28回(昭和50年)
がんの疫学的研究瀬木三雄
卵黄粒タンパク分子の高次結晶構造の研究本陣良平
貝殻物質を通してみた海水の化学環境の研究北野康
同人誌「作家」発行を通じて中部地方の文学活動振興に貢献小谷剛
壁画とタブロー制作を通じて中部地方の絵画振興に貢献安藤幹衛
ペルシャ釉の研究と美濃陶芸界の指導育成加藤卓男
第18回世界体操競技選手権大会での個人総合優勝と団体優勝笠松茂
第29回(昭和51年)
カテコールアミンの生化学的研究永津俊治
X線回折の球面波理論とその実験的証明加藤範夫
トーマス・ハーディ文学研究と国際文化交流に貢献大澤衛
現代の人とその生活空間をテーマにした一連の画業と後進の指導育成島田章三
香道の伝承と普及に貢献蜂谷宗由
第30回(昭和52年)
パラミキソウイルスの研究松本利貞
プラズマ発生装置の開発と共同研究の推進高山一男
小説、評論、記録文学など幅広い分野における活躍杉浦明平
九谷陶芸の改革中村翠恒
書芸術における現代的造型性の追究と後進の指導萩原冬a

第1回〜10回 | 第11回〜20回 | 第21回〜30回 | 第31回〜40回
第41回〜50回 | 第51回〜60回 | 第61回〜65回 | 第66回〜70回

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索