文字サイズ

三重ニュース

自民3勝、岡田氏は議席守る

 民主党政権の評価を焦点に16日投開票された衆院選は、三重県内の小選挙区で民主が2議席にとどまり、改選前から半減。一方で政権奪還を目指した自民が3議席を獲得し、躍進した。新党として注目された日本維新の会は小選挙区で議席獲得できなかった。

 1区は川崎二郎さん(自前)が民主、維新、共産の新人を退け、2区は中川正春さん(民前)が他候補を抑えた。3区は強力な地盤を持つ岡田克也さん(民前)が圧勝。4区は田村憲久さん(自前)が森本哲生さん(民前)を振り切って前回の雪辱を果たし、5区は三ツ矢憲生さん(自前)が藤田大助さん(民前)を下した。

 投票率は前回選挙を11・08ポイント下回り、61・29%と戦後最低となった。

(中日新聞)